カルバトールの画像

てんかんを患っている方はカルバトールという薬の名前は耳にしたことがあるかもしれません。カルバトールはテグレトールのジェネリック医薬品ですので通常よりも安価に購入することが出来ます。

てんかんでも警察官に?カルバトール輸入は法律違反?

てんかんは子供のころに発症するケースが多くなっています。しかし、大人でも発症する可能性があり、決して珍しい病気ではありません。
大人になると収入を得るために、就職を目指すようになります。職業の中には人々の生活を守る、警察官という立派な仕事もあります。正義感の強い人なら、子供のころから警察官に憧れ、就職を目指す人も中には出てきます。
その際に、てんかんを患ってしまうと、採用試験に合格出来ない心配がありますが、基本的に警察官の受験資格に病気に関連する決まりがないため、採用試験を受けること自体は問題ないといえます。
但し、勤務中にてんかんの症状が出ると大変ですので、必ずてんかんの治療を受け続けることが必要です。
てんかんの薬は医療機関で処方されるものだけでなく、海外から通信販売で入手できるものが存在します。カルバトールもその一つです。カルバトールは海外製のジェネリック医薬品ですが、日本国内では認められておらず、医療機関で処方されることはありません。そのため、カルバトールが欲しいなら、輸入代行業者を通じて、ネット通販で入手するようにします。
警察官の立場で、国内で認められていない薬を輸入するのは法律違反ではないかと心配になるところですが、カルバトールの輸入や服用自体は法律違反になりませんので、安心してください。
国内で販売や処方は許されていなくても、海外から輸入すること自体は、法律で禁止されていません。違法な行為ではありませんので、誰もが気軽に購入できるようになっています。
しかし、薬の海外輸入は基本的に海外で治療中の人が、日本から治療中の薬を取り寄せるために使用する手段です。できるだけ医療機関で処方される薬を用いて、治療に専念しましょう。